どんな点に注意すればいい?プライバシーを守る手段を考えてみよう

2018年7月27日 By admin

SNSに個人情報をアップしないこと

SNSなど情報共有サイトを利用するときは、個人情報をアップしないことが大事です。名前や住所はもちろん、個人を特定できるような情報も注意が必要です。写真をアップするときに、位置情報を自動削除してくれるサイトも増えています。部屋の写真をアップするときは、念のために位置情報を消してからにしましょう。自分だけでなく、相手や周囲に気を配ることも大切です。写真に他の人が映り込んでしまったときは、そのままアップせずモザイクなどで加工しておきましょう。

サイトの信頼性をチェックする

ネットに個人情報を入力するときは、そのサイトが信頼できるかチェックすることも大事です。少しでも不安を感じたときは、一度戻ってサイトについて調べてみて下さい。サービス内容を確認し、納得できる段階になったら情報を入力しましょう。パスワードは数字とアルファベットを組み合わせて、なるべく複雑な文字列を作るのが安心です。難しくて覚えられないときは、パスワードの管理ツールを活用しましょう。

無料Wi-Fiは信頼できるものだけ使う

無料Wi-Fiを利用するときは、ネットワーク名をよく確認してから接続することが大切です。企業が運営している無料Wi-Fiを装って、情報を抜き取ろうとするケースもあります。初めて接続するのに利用規約の画面が出ないなど、選択するだけですぐに繋がるものは注意が必要です。間違って接続した場合には、Wi-Fi設定から接続を切っておきましょう。無料Wi-Fiは信頼できるものだけ使うのが安心です。

個人情報が含まれた書類をシュレッダーにかけて裁断して捨てないと、個人情報を盗まれる恐れがあり危険です。