近年リードナーチャリングに注目が集まっている理由とは?

2018年7月26日 By admin

リードナーチャリングとは

リードナーチャリングの主旨は、いわゆる見込み客の育成になります。 既存客並びにリードジェネレーションにより手に入れた新しい客のモチベーションを育て、購買に結びつけることを狙ったマーケティング活動ということを意味します。 新顧客のみならず、購買した後の既存の客とも意思疎通をはかることで、長期に亘って良好な関係性を確立していくことも、その目的としています。 BtoBにおいてもリピーター並びにファンの様な客を増やすことが不可欠です。 具体的に言いますと、生産品やサービスに対しての理解を強固なものにしてもらうことや、客に対し個々にコンタクトすることがメインです。 現実によく活用されている例を挙げると、ダイレクトメールや電話、さらにセミナーなどがあります。

リードナーチャリングが注目されている理由

近頃のネット発展やソーシャルメディアの浸透につれて、利用者はたくさんの情報を手に入れるようになっています。結果的に、利用者は時間を費やして販売品を検討し、購買アクションが長期化しています。BtoB、あるいは住宅など、単価が非常に高いものは一層顕著にそのトレンドが見られます。 それに加えて、購買アクションも複雑になってきています。ひとつの例として、店で目にした販売品をSNSによってチェックし、比較のためのサイトを利用することによって販売価格を比べるなどして、販売品を比較検討することになります。 いままでの様に会社の営業マンが客をフォローし営業を行うことは難しくなっています。 そのような中で、長い期間にわたって客を育成し、効率性の高いフォローができるリードナーチャリングの手段が注目されています。

マーケティングオートメーションは各社機能やインターフェースの違いがあるので、どの様な機能を求めるか、そして、どの様なインターフェースが使いやすいのかを考慮して選択しましょう。