基幹システムの構築を外部の業者に依頼する前に社内で確認したいこと

2020年7月29日 By admin

各部署で必要なシステムの機能について把握しよう

基幹システムは、IT化を積極的に推進している企業にとって日々の業務に不可欠なツールとして捉えられています。特に、人事や会計、営業など様々な業務を効率的にこなしたい場合は、早いうちから各部署のニーズに合った基幹システムを導入することが肝心です。最近では、各企業の業しぃや具体的な業務内容に応じて、オーダーメードで基幹システムの開発を行っているIT系の業者の数が増加しています。そうした状況の中、基幹システムの必要な機能を使いこなすうえで、法人対応がしっかりとしている業者の担当者にお世話になることが大事です。なお、システムの機能の種類によっては、開発に掛かる期間が長くなるケースもあるため、おおよその納期を必ず調べておきましょう。

システム開発に必要な初期費用や維持費用をチェック

ビジネスに特化した基幹システムの開発を外注する場合には、様々な業界で高く評価されているIT系の業者の料金体系をきちんと把握することが大切です。一般的に、フルオーダーの基幹システムを導入するにあたっては、百万円を超えるコストが発生するケースも珍しくないため、余裕をもっていくつかの業者の見積もりを取ることがポイントです。また、同様のシステム開発を依頼する場合でも、業者によって初期費用や維持費用などに大きなバラつきが出ることもあります。そこで、予算内で理想的なシステムを取り入れるうえで、気になる業者の法人向けのホームページやウェブカタログなどに目を通して、希望通りの対応をしてくれそうな依頼先の候補を決めましょう。

基幹システムをスクラッチで制作する際、最も肝心なのが要件定義です。定義が曖昧なままだと、想定通りにシステムが動かなかったり、画面の遷移が上手くいかない等の不具合の原因になります。